忍者ブログ

PMS記録

毎月の様子を記録します
2020
02,29

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012
04,23
忍者ブログから、更新していないブログを順次閉鎖していくとお知らせが来たので引越しします。
更新も全くしていないし閉鎖しようかとも思ったんですが、やっぱりどこかに残しておこうと思って。
とりあえず記事を移しただけなので移動先は読みにくいかもしれませんがよろしくお願いします。
引越し先はこちらです→http://pmdd.sblo.jp/
PR
2012
01,11
症状が出始めたのは何時からか覚えていない。
母には、初潮を迎えてからとても扱いにくくなったと言われた。
初潮は中二になってすぐで、ちょうどその頃父親の転勤があり、慣れない土地での生活も始まった。
思春期だし、転校したし、初潮も迎えて、不安定な要素は腐るほどあったと思う。
その頃はまだPMSを自覚してなかったけど。
覚えている症状は、情緒不安定と酷い生理痛。
薬は毎回手放せなかった。
痛みのあまり、動けなくてうずくまったこともあった。

二十歳を過ぎて、少しずつPMSの知識も増えていって、私は間違いなくこれだと思った。
それも、より症状の重いPMDDだと。

その頃出ていた症状は多岐に亘る。
尋常じゃないほどの苛々、気分の落ち込み、無気力、自殺願望、不眠、過眠、過食、拒食、歩けなくなるほどの足の痛みの、胃痛、下痢、その他もろもろといった感じ。
毎回同じ症状ではなく、その時によって出るものが違うから対処のしようもなくて、ただただ振り回されるばかりだった。
周りを振り回してしまうこともものすごく辛かったけど、自分を全くコントロール出来ないことが何よりも辛かった。

婦人科には3件行った。
ホルモン値を調べたこともある。
でもいつも、誰にでもあることだからと言われて、治療を考えてくれる医師はいなかった。
多かれ少なかれあるものだから仕方ないって…。

そうこうしている内に妊娠。
妊娠中は妊婦ならではの不安定さはあったものの、PMSのような症状はなかった。
ホルモンの変動がないからなのかなあと自分なりに思っている。

出産後は酷かった。
私はホルモンの変動にものすごく影響を受けるタイプらしく、産んですぐから不調に陥った。
数ヶ月かけて何とか慣れてきた頃に生理が復活(母乳だったのに産後半年で復活しちゃった)
それからはもう地獄だった。
慣れない育児のストレスもあってか、生理前は人が変わったように荒れた。
でも、生理が来るとスッと落ち着く。
私は二重人格じゃないかと真剣に悩んだほど、その豹変振りは凄まじかった。
何とかしたい、でも母乳だから薬は飲めない。
そんな葛藤を繰り返して、息子が一歳半になる頃に断乳を決意。
中用量ピルを飲むことになった。
この時診てくれた婦人科の先生は女医で、初めて私の話を聞いてくれて、初めて辛かったですねと言ってくれた。
そして、あなたの症状は重い、と。
何年も苦しんできて初めてその辛さを認めてもらえてもらえて、どれだけ救われたか。
婦人科医に不信を抱いていたけど、理解してくれる先生もいるんだと、本当に嬉しかった。

その頃飲んでいたのはカウフマン療法と呼ばれるものだったらしい。
副作用はあったものの、耐えられないほどではなくてしばらく飲み続けた。
おかげで尋常じゃない苛々からは解放されたけど、今度は酷い鬱状態に悩まされることになった。
後で知ったんだけど、ピルの副作用で鬱状態になることがあるらしい。
この鬱状態はピルを止めたらなくなった。
ちなみにピルを止めたのは、飲み続けることに不安があったから。
私の母が乳ガンを患ったこともあって、気になってたんだよね。
それで一旦止めたんだけど、やめたらやっぱり調子が激悪になるわけで。
漢方で何とかならないかと頑張ってみたけどダメで、またピルを飲むことになった。
以前と同じ薬だから副作用の心配はしてなかったんだけど、なぜか再開したときは副作用が酷くて、あまりの辛さに2周期で断念。
医師からは低用量ピルもあると言われたけど、副作用がホントにキツかったから試す勇気はなくて、漢方を。続けることになった。

で、何年か漢方を続けていたんだけどやっぱりだめで。
2010年に超低用量のピルが認可されたと知って、試すかどうかずっと悩んでた。
あの副作用を思い出すとやっぱり怖くて。

でも、怖いとか言ってられないくらい悪化してしまったので思い切って婦人科へ。
無事ヤーズをもらえるだろうかと不安だったけど、今までの経緯を説明したら、医師の方からヤーズを勧めてくれた。

私はホルモンの変動に強く影響を受けるタイプだから、絶対一相性のピル(マーベロンかオーソ)、出来れば超低用量のヤーズをと思っていたんだよね。
だから、医師からは勧めてくれたのには助かった。
血液検査をして、ガン検診もして、無事処方。
超低用量とは言え、やっぱり初めて飲むときは緊張した。
それだけ以前の副作用が強烈だったのよね(苦笑)
でも、何となく気持ち悪いかなあと言うくらいで、特に副作用もなくホッとした。
飲み初めの頃はふくらはぎに痛みを感じることがあって、血栓症も心配だったんだけど何でもなかったみたい。
今は全く副作用はありません。
おかしいくらいにイライラすることもなくなったし、他の症状もだいぶ落ち着いたと思う。
偽薬に入るとホルモンが変化するせいか過眠になったり、お腹壊したり、たまに足の痛みが出たりはするけど、毎月振り回されていたときに比べたらグッと楽になりましたね。
それはすごく嬉しいことなんだけど、いつまで飲み続けることになるんだろうという心配はあります。
10年20年と飲み続けて大丈夫なのかなあ…。
大丈夫なら閉経まで飲んで、更年期も乗り切りたいのだけど。
まあこの辺は様子を見ながらやっていくしかないですかね。


ずっとPMSに振り回され続けて、どうして私ばかりがと思ったりもしました。
同じ女性でも軽い人やほとんど気にならない人だっているというのにって。
女に生まれたことをひたすら呪った時もありました。
いっそ卵巣を取ってしまいたいと、ネットで病院を探し続けたこともあった。
本当に何度もこんな卵巣要らないって思った。
取れるものなら取りたいとどれだけ思ったか。
このおかげて命を授かることが出来た。
でもこのせいでそれ以上の苦しみを味わっている。
息子にだってずいぶん負担を強いてしまったし。

ホントに色々思いながら過ごしていたなあ。
今はヤーズの効果が続くことを祈るばかりです。
それから、PMSについてもっと研究をしてほしいし、認知度ももっと上がってほしい。
病気じゃないんだから、女性なら多かれ少なかれあるんだから仕方ない、我慢しなきゃという風潮が変わったらいいなと思う。

私が何よりも辛かったのは、自分で自分のコントロールが出来なくなること。
自分に自分が振り回されるのが本当に辛かった。
毎月どんな症状が出るか分からないから心も落ち着かないし。
今も症状が全くなくなったわけではない。
ピルを飲んでるからPMSとは言えないのかもしれない。
でもずっと付き合ってきたものだから、何か出来ればと思う。
ま、そういう気持ちで突っ走ってしまって何度も失敗してきてるんだけど(苦笑)

病院に行くのを躊躇っている人やピルに不安を持っている人に少しでも参考になればなあと思います。


久々に語りたくなったので、長々と書いてみました。
2011
07,23
だったはず(^-^;

前回日記を書いてから不正出血はちょろちょろと続いていたんですが、休薬期間に入った途端止まりました(笑)。
えーーーーーって思った。
これからが本番(消退出血)でしょー?って。
もしかして飛ぶのかなあと思ったんですが、それらしきものが今日来たような来ないような…という感じです。

ちなみに昨日(一昨日だったかな?)は一日生理痛のような鈍痛がありました。
今にも生理が来そうな痛みでした。
今日は痛みはないんだけど、お腹が下ってる…。
今までも生理前や最中にはお腹を下してたんですが、やっぱりそういうのは残るんですかねぇ。
1シート目はどうだったかな。忘れちゃった。

あと、当たり前なんだけど帯下の変化がなくなった。
というか、帯下自体減った気がします。
今までは排卵日前になると帯下が変化してました。
だから基礎体温を測らずともその変化で排卵日が分かった。
でも今はそんな変化は当然なく。
それがちょっと不思議な感じだったりします。

それから、気持ちの面での変化はイライラすることがなくなりました。
あの特有のイライラがなくて結構快適です。
気持ちの落ち込みは相変わらずかなーと思うけど、これはPMSだけが原因じゃないだろうから仕方ないかなあという感じです。

何かね、イライラしないってのも不思議。
今まで当たり前にあるものだったからね。
私イライラしてないけど大丈夫!?って思ったりするw

先日、病院に行って3シート目をもらってきました。
このまま副作用もなく続けていけたらいいな。
2011
07,15
軽い不正出血がありました。
やっぱ飲む時間がバラバラだと出やすいのかな(^-^;
まあ、気にならないくらい軽いものだからいいんだけど、なるべく一定の時間に飲むようにしてみます。

あと、ヤーズを飲み始めてから夜中にトイレに起きることが増えました。
利尿作用があるらしく、それで夜中に起きちゃうのかも。
もしかしたら飲む時間を夜から朝に変えたほうがいいのかもしれない。
でも、夜→朝って時間をずらしていくのってどうすればいいのかしら…。
毎日飲む時間を1時間ずつ早めていくとか、そんな感じでいいのかなあ。
夜中に目が覚めるのがどうにも辛くなってきたら、服用時間を変えることも考えようかと思います。
2011
07,12
何日目だったかは忘れました(^-^;
消退出血は少量で、2シート目に入ったらすぐに終わりました。

起こりやすいと言われている不正出血も今のところないし、
(飲む時間は毎日バラバラなんですけどね・汗)
副作用も全くありません。
休薬後にまた出るかとちょっと心配したんだけど大丈夫だった。

それから、まだ2シート目なので断言するには早いんだけどPMSにも効いているように思います。
生理前というものがないので当然といえば当然なのかもしれないけど、何事もなく普通に日々が過ぎていっています。
ピルって3シート飲んでみないと合ってるかどうか分からないみたいだけどね。
2シート目の今は割りと快適に過ごせています。
副作用がないって言うのが一番嬉しいかも。
プラノバールは本当にきつかったからなあ……。

[1] [2] [3] [4] [5] [6]


: 次のページ »
【Calendar】
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
【Search this site】
Recent Comments
【About Me】
HN:
ユキ
性別:
女性
自己紹介:
PMSとはもう長い付き合いです。

【今までの治療遍歴】
漢方・SSRI→プラノバール・プレマリン→漢方→ヤーズ

色々試していますが、未だにこれ!という治療法が見つかっていません。
まだまだ手探りの状態が続きそうです。
【QRコード】

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]